風俗不要論が今話題です

風俗など最早不要ではないか、いわゆる『風俗不要論』が今話題になっている。これは賛否の意見が多くあり、そう簡単に決着できない事から学校でも学生の討論の対象になっているそうだ。

好条件の求人が多数存在しているから、そこに女性達が殺到する。そして交際が難しい男性達もそこに行って多額の金銭を支払ってセックスを行う。その結果として儲かるのはソープランドなどの風俗店の経営側ということになる。もしこの世から風俗が消えたらそれらの無駄(経営側の儲け)も一緒に消えることになり、もっと純粋な性的関係を男女間が結べるのではないかとするのが風俗不要論の大まかな主張なのである。

ある高校生の少女は「お金を払ってセックスをするなんて悲し過ぎます。もっと大勢の人が無料でセックスできる環境を整える事が最優先の課題だと思います」と述べていた。これに対し一部からは猛烈なバッシングも行われたが、現在はこれこそが正論であるという認識が強まっている。これは良い傾向だと言えるだろう。

この少女は将来、政治家を目指しているそうだ。この日本を根本から変えるには政治しかないとの思いがあるからだという。ようやくこの国の夜明けが近づきつつある様だ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ